お葬式を行う親族
喪主として務めるお葬式

お葬式を行う親族

初めてお葬式の喪主を務めるときには大変な緊張があるものです。お葬式に参列した経験があっても、親族の立場でなければ、簡単に参列して帰宅することになります。しかし、喪主やその親族は簡単に終わらすことができず、最初から最後まで対応しなければいけません。通常一般的なお葬式以外で行われる家族葬でも通夜とお葬式や告別式が行われるものです。家族葬は、一般的なお葬式と比較して規模が小さくなるため、行われる内容は独自のスタイルの家族葬でなければ一般的なお葬式と違いはありません。そのため、通常2日喪主を務めることになります。喪主や親族としてお葬式に参列するときには、色々な取り決めや手続きを行う必要があります。喪主でなくても兄弟や姉妹の関係だと、故人が両親の場合には、同じように葬儀会社から説明を受けて流れを理解しなければいけません。宗教の宗派によっては喪主と同じような儀式や儀礼を行わなければいけない場合があるので、しっかりと説明を受けておかないと当日に焦ってしまいます。  

親族への連絡も喪主がしなければいけないことの一つです。親族が多ければそれだけ連絡も大変ですが、連絡する親族と連絡をしない親族を決めることは大変危険な判断です。連絡をしていなかった親族がいれば後々トラブルに発展することになるので、関係の薄い親族であっても連絡だけはしておきましょう。連絡することで、親族も故人との最後のお別れができます。この最後のお別れができないことで、禍根を残すことがあります。そのため、現在付き合いのない親族であっても連絡することがマナーです。  

故人が終活を行っているのであれば、その希望通りのお葬式を行えば喪主であっても内容については葬儀会社に任せることができます。しかし、お葬式のスタイルを決めていないときには喪主はどのようなに行えばよいか全て決定しなければいけません。最近では、近隣に生活している親族だけでなく、遠方で生活する親族も増えています。遠方の親族や参列者によっては宿泊が必要な場合があります。このような問題も事前に葬儀会社と相談をして決定することになります。葬儀会社でも宿泊設備を保有していない会社もあるので、しっかりと葬儀会社選びを行う必要があります。  

通夜と告別式にはそれぞれ意味があるものであり、それを理解しておいた方がより故人を送り出す意識を持ってお葬式に臨むことができます。事前に流れを理解しておけば、焦ることなくスムーズに送り出すことができるでしょう。

お知らせ

【2018年08月09日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る